プラセンタを使用する前に気をつけることは?

健康だけでなく美容にもいい成分であるプラセンタが注目を集めています。
プラセンタとは胎盤という意味ですが、胎盤そのものが使用されているわけではなく、胎盤から抽出されたエキスから作られています。
母体から胎児へと栄養を届ける重要な役割をしている胎盤には、タンパク質などの豊富な栄養素はもちろん細胞の分裂に欠かせない成長因子が含まれています。
そのため、美肌やアンチエイジング、疲労回復など様々な効果を発揮することが分かっています。

プラセンタの注意点を説明する医者プラセンタをとることでいい面ばかりが強調されていますが、気を付ける点もあります。
現在の日本では、人が由来のプラセンタは医療とされていて、医薬品の扱いになります。
安全性が確立された上で作られている製品ですが、道の病原体がいることを完全には否定することができません。
ですから、特定生物由来製品として扱われ、特定生物由来製品を使用した場合は献血ができなくなるので注意が必要です。
医療用のプラセンタを使った治療には、注射や点滴といった方法があり、医療機関でしかうけることができません。
点滴や注射をした後に、発熱や発疹が起きることもあります。
アレルギー体質や、体力が落ちているときは特に注意が必要です。

また、サプリメントなどでは、豚や馬、羊といった動物の胎盤から作られています。
肌の調子を整えたり、体調の改善に役立つサプリメントですが、飲むことで一時的にかゆみやむくみといった症状が出ることがあります。
好転反応であることが多く、重篤な副作用は今のところ報告されていませんが、心配な場合は医療機関を受診しましょう。
プラセンタは注射でもサプリメントでも継続することで効果を発揮するので、1回の使用ではなかなか効果を感じられない場合が多いです。